1. vivi歌詞

「vivi」の歌詞 米津玄師

2012/5/16 リリース
作詞
米津玄師
作曲
米津玄師
文字サイズ
よみがな
hidden
かなしくてんだ言葉ことば
ずっとあとについてきた
苛立いらだってした言葉ことば
きっともうかえることはない

言葉ことばにするとうそくさくなって
かたちにするとあやふやになって
丁度ちょうどのものはひとつもなくて
不甲斐ふがいないや

あいしてるよ、ビビ
明日あしたになれば
バイバイしなくちゃいけないぼく
はいになりそうな
まどろむまち
あなたとともいていくのさ

あなたへとわた手紙てがみのため
いろいろとおもした
どれだってうつくしいけれども
ひとつもくことなどないんだ

でもどうして、言葉ことばにしたくなって
なまりみたいなうそえてまで
行方ゆくえのないとりになってまで
よごしてしまうのか

あいしてるよ、ビビ
明日あしたになれば
今日きょうぼくらはんでしまうさ
こんなはなしなど
わすれておくれ
いたいことはひとつもないさ

した琥珀こはくいろ
ちていく気球ききゅうぶカリブー
あしのないブロンズと
おどりをおどった閑古鳥かんこどり
せわしなくるニュース
まちから子供こどもがきえていく」
いてるようにもうたうた
さかなしずかにぼく

どうにもならないこころでも
あなたとあるいてきたんだ

あいしてるよ、ビビ
明日あしたになれば
バイバイしなくちゃいけないぼく
はいになりそうな
まどろむまち
あなたとともいていくのさ

言葉ことばいて
からだれて
それでもなにえないぼく
あいしてるよ、ビビ
あいしてるよ、ビビ
さよならだけがぼくらのあい