1. なんて銀河は明るいのだろう歌詞

「なんて銀河は明るいのだろう」の歌詞 紅組(SKE48)

2012/5/16 リリース
作詞
秋元康
作曲
小西裕子
文字サイズ
よみがな
hidden
こころ のぞいたら
もっと つらくなるとった
だから らし
うそはすべてながすの

見慣みなれたはし
記憶きおくよりながくて
我慢がまんしてたのに
なみだあふれて

なんて銀河ぎんが
あかるいのだろう
夜空よぞらいっぱいに…
ほしひかり
たきのようにちる
ふか暗闇くらやみ
いくつあっても
憂鬱ゆううつにならない
えるものは
かがやきだけなんだ

くちひらいたら
たぶん けよくなるわ
なにはなさずに
背中向せなかむけてあるそう

昨日きのうもり
宇宙うちゅうよりひろくて
かえ方向ほうこう
わたし迷子まいごになる

なんて銀河ぎんが
やさしいのだろう
なにわらない
時間ときえて
ひとかみおも
かげ片隅かたすみ
なにがあっても
るにらないよ
まえには
無限むげん未来みらいだけ

なんて銀河ぎんが
あかるいのだろう
夜空よぞらいっぱいに…
ほしひかり
たきのようにちる
どんなサヨナラも
いきひそめて
かくれているのね
てたものは
あなたのその笑顔えがお