1. パパは嫌い歌詞

「パパは嫌い」の歌詞 紅組(SKE48)

2011/7/27 リリース
作詞
秋元康
作曲
中村望
文字サイズ
よみがな
hidden
パパはきら
なんにもわかってくれない
パパはきら
わたしのことならほっておいて
パパはきら
した真夜中まよなかまち
ピアスすれば
なにわるがしただけよ

もうどもじゃないのに (いまは)
どもあつかいするの (ずっと)
アレだめ コレだめ はこなか
わたし 息苦いきぐるしい

どこかでだれかに 声掛こえかけられたら
どこでもついてく
わたし大人おとなみとめてくれたら
うことなんでもくよ
どこかでだれかに 声掛こえかけられたら
パパヘのてつけに
かえらないよ かえらないよ
心配しんぱいさせるまで

パパはきら
はなしいてもくれない
パパはきら
社会しゃかいのルールをめつけないで
パパはきら
いつだっておこってばかり
門限もんげんなんか
やぶるためにあるものでしょう

そう友達ともだちのパパは (いつも)
むすめおびえたように (もっと)
いいよいいよとなんでも
あめをくれるらしい

干渉かんしょうされない 自由じゆうしいの
きにさせてよ
わたしわたし人生じんせいがあるし
火傷やけどしてきずついてもいい
干渉かんしょうされない 自由じゆうしいの
パパのものじゃないよ
かなしいかなしい
わたしつめないで

何度なんど着信ちゃくしんしてる
パパとはなしたくないよ
わけなんて
面倒めんどうくさいし
ける愛情あいじょうはいらない

どこかでだれかに 声掛こえかけられたら
どこでもついてく
わたし大人おとなみとめてくれたら
うことなんでもくよ
どこかでだれかに 声掛こえかけられたら
パパヘのてつけに
かえらないよ かえらないよ
心配しんぱいさせるまで