「声がかすれるくらい」の歌詞 紅組(SKE48)

2012/1/25 リリース
作詞
秋元康
作曲
岡村郁二郎
文字サイズ
よみがな
hidden
あめたすけにならない
つよそそいでも…
こころ火傷やけどおさまりそうにない
かさほねがって
ずぶれになったって
このおもいはえやしないんだ

モノクロのこのまち
いきひそいているよ
ほっとできる
あたたかかないろをどこかに
さがしていた

こえがかすれるくらい
わたしは ここからさけつづけた
ひとあいするための
筋肉きんにくのダメージ
たとえ しんじること
邪魔じゃまする障壁しょうへきがあっても
ボロボロの身体からだ
ムチつだろう

かぜなみだはじいて
ゆびぬぐってくれるよ
それでもこのあめ みそうにもない
サイドウォークのカフェで
いたみをやりごせば
あなたのこと めなかった

味気あじけないこのこい
体力たいりょくばかり使つかっているよ
ストレートな方法ほうほう
リアルなもの
つたえたかった

こえがかすれるくらい
わたしは ここからさけつづけた
ひとあいするための
筋肉きんにくのダメージ
たとえ しんじること
邪魔じゃまする障壁しょうへきがあっても
ボロボロの身体からだ
ムチつだろう

こええても
わたし永遠えいえんさけんでるだろう
ながして
いとしさをせよう
たとえ この世界せかい
づかれないこえ もれても
そうあなた一人ひとり つたわればいい