1. 四季刻歌歌詞

「四季刻歌」の歌詞 綿飴,IA

2013/1/9 リリース
作詞
Bass:乙ちび
作曲
Bass:乙ちび
文字サイズ
よみがな
hidden
何時いつ影法師かげぼうし
とおとおおも
はるなつ
ときまることなく

かってた、はずだったのに
どうしても記憶きおくからせずに
あのからまったままの
わたしなか時計とけい

いつか、ゆめが、わるのならば
すべて、すべて、無駄むだだというの?
ときは、すすみ、もどりはしない
きっと、永久とわに、孤独こどくなのでしょう

きみ世界せかいとき
わたしにはすこはやすぎて
あきふゆ
季節きせつうつろいでく

つかんでたはずだったのに
またひとひとつとえていく
いつかる、わかれのことは
かりきってたこと

あのせた、きみ笑顔えがお
今日きょうは、今日きょうは、どこにもないの
たりまえしあわせでさえ
わたしまええてしまうの?

ぼくは、きみを、一人ひとりにしない」
あの、ここで約束やくそくしたの
もしも、ときめられたなら
けっして二度にどと、すすまないでと

世界せかいときに、はなされた
一人ひとりわたし、まだ出来できること
何度なんど季節きせつわるとしても
れるまでうたつづけて

きみに、きみに、とどくのならば
明日あすに、明日あすに、ひびいておくれ
「ずっと、きみの、そばにいたい」と
かぜせてはる彼方かなた