1. キズナ歌詞

「キズナ」の歌詞 織田哲郎

2000/5/10 リリース
作詞
織田哲郎
作曲
織田哲郎
文字サイズ
よみがな
hidden
あお季節きせつ もう
とおぎたあと
いきがっていたゆめ
不器用ぶきようなみだ
かぜながれて
とおなつ
ぼくらはいつも
見知みしらぬそらへと
にじわたとき
夢見ゆめみていた
なくながれるとき
すべてまぼろしだよと
ささやくけど
もう一度いちど
しんじてみたいんだ
色褪いろあせない
ものだってあると
たしかなキズナ
ひとつあれば
それだけでぼく
きてゆける
もっとちがなに
にしたときには
やすらぎつかると
すりかえながら
ただこぼれてゆく
あこがれはふか群青ぐんじょう
かなしみは
いつしか琥珀色こはくいろ
いつの
ほこりにしたいんだ
バカみたいな足跡あしあともみんな
たしかなキズナ
ひとつあれば
間違まちがいじゃないって
やっと あるせる

もう一度いちど
しんじてみたいんだ
色褪いろあせない
ものだってあると
たしかなキズナ
ひとつあれば
それだけでぼく
きてゆける
いつの
ほこりにしたいんだ
バカみたいな足跡あしあともみんな
たしかなキズナ
ひとつあれば
間違まちがいじゃないって
やっと あるせる
あるせる