1. ふたりが一番歌詞

「ふたりが一番」の歌詞 美川憲一・瀬川瑛子

1993/10/21 リリース
作詞
秋元康
作曲
深大郷
文字サイズ
よみがな
hidden
(男)ひとりも いいけど
(女)ひとりも いいけど
(男女)ふたりが一番いちばん さけ

(男)今夜こんやはなんだか みたいね
(女)あのころみたいに 夜更よふけまで
(男)理由わけある背中せなか肩寄かたよって
(男女)しつされつ もとさや

(女)むかしはなしはな
(男)おも出手でてしゃくをする
(女)月日つきひながれりゃ かなしいことも
(男女)きれいにえる

(男)ひさしぶり おいしいさけだから
(女)ひさしぶり こころみるわ

(男)ひとりも いいけど
(女)ひとりも いいけど
(男女)ふたりが一番いちばん さけ

(男)きてりゃ いろいろあるけれど
(女)いろいろ あるから人生じんせい
(男)おまえとわかれて 一廻ひとまわりして
(男女)りをもどした くされえん

(女)上手じょうず世渡よわたりしていたら
(男)大事だいじひとにもづかない
(女)なみだながして なかかたまる
(男女)おとこおんな

(男)もういちど しにもどって
(女)もういちど 乾杯かんぱいしましょう

(男)おまえが いいのさ
(女)あなたが いいのよ
(男女)ようやくわかった その相手あいて

(男)もうなにはなさなくてもいい
(女)そばにいる それだけで わかる

(男)おまえと一緒いっしょ
(女)あなたと一緒いっしょ
(男女)ふたりが一番いちばん さけ