「東京ホテル」の歌詞 美川憲一

2000/3/16 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ねむるあなたの
かたごしに
ふねのランプが
ゆれていた
明日あすのわかれを
まえにして
わたしはふくなど
たたんでた
こゝは東京とうきょう
海沿うみぞいホテル
みれんでしょ
おばかさん
いまもあなたに
いたくて
一年いちねんまえの
おなまどから
レインボーブリッジ
なみだでてる

どこからない
くにへでも
げてゆけたら
しあわせね
そんな会話かいわ
むなしくて
二人ふたりとつに
なっていた
こゝは東京とうきょう
海沿うみぞいホテル
みれんでしょ
おばかさん
あれは始発しはつ
ゆりかもめ
グラスをにぎ
ねむれないまゝ
おもつゞりの
一夜いちやかす

こい断片かけら
あつめても
ゆめがわった
しろあさ
かがみのぞいて
眉書まゆかいて
ひとりのおんな
たしかめる
こゝは東京とうきょう
海沿うみぞいホテル
みれんでしょ
おばかさん
せめてあかるい
かおをして
あなたのいない
おなえきから
わたしはかえりの
きっぷをうの