「永遠にバラの時を」の歌詞 美川憲一

1999/8/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ふりむけば
ひとすじのひかりなか
ときめきと あいうた
あかいバラが いてた
かぐわしいはな
心染こころそめられ
あのから あいさが
ながたびつづくの
あめたれても
かぜかれても
わたしうたいつづける
生命いのちあるかぎり
あぁ 幾千いくせんゆめをのせて
あなたのむねとどくように
あぁ 幾千いくせんよるえて
永遠えいえんに バラのとき

いくたびか
裏切うらぎりのとげにさされて
ゆきずりの こいおぼ
っていた わか
がつけば ただひとり
あなたはいつも
あたたかい はるのように
かたいてくれたわ
とおおも
めぐりくる季節きせつ
わたしうたいつづける
生命いのちあるかぎり
あぁ 幾千いくせんほしのしずく
あなたの瞳濡ひとみぬらすように
あぁ 幾千いくせんあさても
永遠えいえんに バラのとき
あぁ 幾千いくせんよるえて
永遠えいえんに バラのとき