「あまんじゃくの歌」の歌詞 美空ひばり

1954/5/1 リリース
作詞
深尾須磨子
作曲
高木東六
文字サイズ
よみがな
hidden
だれかとわたし わたしだれ
なかよし ともだち
二人ふたりはあまんじゃく
あまいといえば つらいと茶化ちゃか
どちらもけない あまんじゃく
青春せいしゅん 青春せいしゅん やまうみ
みどりのやま ひかりうみ あかるいゆめ
青春せいしゅん 青春せいしゅん やまうみ
わたしだれかもきなのよ
なんだかへんなのよ
とんちんかんちんなのよ
もともとから
二人ふたりはあまんじゃく
だれかとわたし わたしだれ
なかよしともだち あまんじゃく

だれかとわたし わたしだれ
なかよしともだち
二人ふたりはあまんじゃく
菓子かしべて 紅茶こうちゃんで
いつでも二人ふたりかん
青春せいしゅん 青春せいしゅん あおそら
ささやくかぜ ながれるくも たのしいゆめ
青春せいしゅん 青春せいしゅん あおそら
わたしだれかもきなのよ
ただそれだけなのよ
なんでもないことよ
あぶないなんていうのはおよしなさい
だれかとわたし わたしだれ
なかよしともだち あまんじゃく