「夢ひとり」の歌詞 美空ひばり

1985/5/29 リリース
作詞
美空ひばり
作曲
イルカ
文字サイズ
よみがな
hidden
はるになるとこい人並ひとなみのしあわせもとめたの
だけど何時いつ枯葉かれは何処どこかへ 何処どこかへ にげてゆくの

あきるのがはやすぎる あきるのがはやすぎる
こごえるわたしささえてくれた いのちうた何時いつでもむね

これからは ひとり 今日きょうまでたけれど
ははあいつつまれながら
これからは ひとり よろこびもかなしみも
あいをなくしたわたしきる
ゆめるには おそすぎるかしら

ふゆこごえるような わたし似合にあいすぎるゆきだわ
えるこのかせれば くるしいほどに にたいほどに

おんななみだらずとも うたなみだってるわたし
それでそれだけで 明日あすむかって いのちうたばたくわたし

これからは ひとり 今日きょうまでたけれど
ははあいつつまれながら
これからは ひとり よろこびもかなしみも
あいをなくしたわたしきる
ゆめるには おそすぎるかしら

これからは ひとり 今日きょうまでたけれど
ははあいつつまれながら
これからは ひとり よろこびもかなしみも
あいをなくしたわたしきる
ゆめるには おそすぎるかしら