1. 旅の宿歌詞

「旅の宿」の歌詞 美空ひばり

1978/11/25 リリース
作詞
岡本おさみ
作曲
吉田拓郎
文字サイズ
よみがな
hidden
浴衣ゆかたのきみは尾花すすきかんざし
熱燗あつかん徳利とっくりくびつまんで
もういっぱいいかがなんて
みょうにいろっぽいね

ぼくはぼくで趺坐あぐらをかいて
きみのほおみみはまっかっか
ああ風流ふうりゅうだなんて
ひとつ俳句はいくでもひねって

部屋へやあかりをすっかりして
風呂ふろあがりのかみいいかお
上弦じょうげんつきだったっけ
ひさしぶりだね つきるなんて

ぼくはすっかりっちまって
きみの膝枕ひざまくらにうっとり
もうみすぎちまって
きみをにもなれないみたい