「菊五郎格子」の歌詞 美空ひばり

1958/5/15 リリース
作詞
西條八十
作曲
米山正夫
文字サイズ
よみがな
hidden
十八じゅうはちむすめ緋鹿子ひがのこ
手柄てがらがくずれて 富士額ふじびたい
弁天べんてん小僧こぞうが きる啖呵たんか
らざあって かせやしょう
なつかしいぞえ 菊五郎きくごろう格子こうし

歌舞伎かぶき桟敷さじきえんとなり
あなたとわたしが ごうじゃ
これきりわかれりゃ おんなでも
闇夜やみよがあるから おぼえてろ
なつかしいぞえ 菊五郎きくごろう格子こうし

銀座ぎんざやなぎかぜ
のぼりがゆれます 木挽町こびきちょう
とおればかおるよ 白菊しらぎく
面影おもかげうつした 鏡獅子かがみじし
なつかしいぞえ 菊五郎きくごろう格子こうし