「銀座カンカン娘」の歌詞 美空ひばり

1970/5/29 リリース
作詞
佐伯孝夫
作曲
服部良一
文字サイズ
よみがな
hidden
あの可愛かわいや カンカンむすめ
あかいブラウス サンダルはいて
だれつやら 銀座ぎんざ街角まちかど
時計とけいながめて ソワソワニヤニヤ
これが銀座ぎんざの カンカンむすめ

あめられて カンカンむすめ
かさもささずに くつまでぬいで
ままよ銀座ぎんざわたしのジャングル
とらおおかみ こわくはないのよ
これが銀座ぎんざの カンカンむすめ

ゆびをさされて カンカンむすめ
ちょいと啖呵たんかりたくなるわ
いえがなくても おかねがなくても
おとこなんかにゃ だまされまいぞよ
これが銀座ぎんざの カンカンむすめ

カルピスんで カンカンむすめ
ひとつグラスに ストローが二本にほん
初恋はつこいあじ わすれちゃイヤよ
かお見合みあわせ チュウチュウチュウチュウ
これが銀座ぎんざの カンカンむすめ
これが銀座ぎんざの カンカンむすめ