1. 露営の歌歌詞

「露営の歌」の歌詞 美空ひばり

1972/8/10 リリース
作詞
藪内喜一郎
作曲
古関裕而
文字サイズ
よみがな
hidden
ってるぞと いさましく
ちかって故郷こきょうたからは
手柄てがらたてずに なれよか
進軍しんぐんラッパ くたびに
まぶたにかぶ はたなみ

つち草木くさきゆる
てなき荒野こうや みわけて
すすまる てつかぶと
うまのたてがみ なでながら
明日あすいのちだれ

弾丸たまもタンクも 銃剣じゅうけん
しばし露営ろえいくさまくら
ゆめ父上ちちうえ
んでかえれと はげまされ
さめてにらむは てきそら

おもえば今日きょう戦闘せんとう
あけまって にっこりと
わらってんだ 戦友せんゆう
天皇てんのう陛下へいか 万歳ばんざい
のこしたこえわすらりょか

戦争せんそうするは かねてから
てる覚悟かくごで いるものを
いてくれるな くさむし
東洋とうよう平和へいわの ためならば
なんでいのちしかろう