「ふるさとの空の下で」の歌詞 美輪明宏

2006/11/8 リリース
作詞
美輪明宏
作曲
美輪明宏
文字サイズ
よみがな
hidden
ふるさとのふるさとの
えきりたちただひとり
むかえるひともないままに
しずかなまちをコツコツと
あるけばなみだあふれでる
幾年前いくとしまえわすれたが
あの原爆げんばくなか
げてはしったおも
いまさらながらによみがえる
平和へいわなころには家中いえなか
あそんだおかもここあたり
みんなの名前呼なまえよんでみよう
オーイ オーイ

きずついてきずついて
わかわかれたおや
ねむってるのかやすらかに
そらゆびさす慰霊塔いれいとう
おがめばむねもこみあげる
とうさんかあさんにいさんも
きっとここだろ一緒いっしょだろ
みなさんぼくましたよ
こんなにおおきくなりました
からだにゃきずもあるけれど
こころにはきずはないはずだ
そら見上みあげてむねろう
オーイ オーイ

きながらきながら
えてたおさなぼくたちの
あのあとももういま
きれいなみせならんでる
かわいい子供こどもあそんでる
わる生活せいかつもしてきたが
いまでは立派りっぱ東京とうきょう
ちいさながらも工場こうじょう
あかるくはたらくからだです
この長崎ながさきあおうみ
この長崎ながさきあおそら
いつもはげましてくれたんだ
このふるさとのこの大地だいち
ぼくはしっかりとみしめて
つよくこのきるんだ
オーイ オーイ