「ヨイトマケの唄」の歌詞 美輪明宏

1965/7/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
とうちゃんのためなら エンヤコラ
かあちゃんのためなら エンヤコラ
もひとつおまけに エンヤコラ”

いまこえる ヨイトマケのうた
いまこえる あの子守唄こもりうた
工事現場こうじげんばの ひるやすみ
たばこふかして じりゃ
こえてくるよ あのうた
はたら土方どかたの あのうた
まずしい土方どかたの あのうた

子供こどもころ小学校しょうがっこう
ヨイトマケの子供こども きたない子供こども
いじめぬかれて はやされて
くやしなみだに くれながら
いてかえった みちすがら
かあちゃんのはたらく とこを
かあちゃんのはたらく とこを

あねさんかむりで どろにまみれて
けながら あせながして
おとこにまじって つな
てんにむかって こえをあげて
ちからかぎりに うたってた
かあちゃんのはたらく とこを
かあちゃんのはたらく とこを

なぐさめてもらおう いてもらおうと
いきをはずませ かえってはきたが
かあちゃんの姿すがた たときに
いたなみだわすれはて
かえってったよ 学校がっこう
勉強べんきょうするよと いながら
勉強べんきょうするよと いながら

あれから何年なんねん たったことだろ
高校こうこうたし 大学だいがく
いまじゃ機械きかいなか
おまけにぼくは エンジニア
苦労苦労くろうくろうんでった
かあちゃんてくれ この姿すがた
かあちゃんてくれ この姿すがた

何度なんどぼくも グレかけたけど
やくざなみちは ふまずにすんだ
どんなきれいな うたよりも
どんなきれいな こえよりも
ぼくをはげまし なぐさめた
かあちゃんのうたこそ 世界一せかいいち
かあちゃんのうたこそ 世界一せかいいち

いまこえる ヨイトマケのうた
いまこえる あの子守唄こもりうた
とうちゃんのためなら エンヤコラ”
子供こどものためなら エンヤコラ”