1. さよならの向こう側で歌詞

「さよならの向こう側で」の歌詞 美郷あき

2008/6/4 リリース
作詞
ゆうまお
作曲
津上潤也
文字サイズ
よみがな
hidden
わすれないでね わすれないから
ちいさくうなずいて 最初さいしょのキス
ずっと一緒いっしょにいたい気持きもちは
二人ふたりおんなじなんだと どうかしんじさせて

「じゃぁ、また明日あした
たりまえ風景ふうけいが すごくうれしかったんだ
世界せかいなかで ひとりぼっちでわるとおもってた

記憶きおく片隅かたすみのこしてほしい
ワタシという存在そんざい

わすれないでね わすれないから
ちいさくうなずいて 2度目にどめのキス
すこくるしい だけどしあわ
さよならのこうがわで キミをってる

自分じぶんむね芽生めばえたこのおもいには
どんな名前なまえをつけよう
キミと出逢であって 未来みらいをあきらめないでいられた

だれにもられずに ごした日々ひび
充分じゅうぶんすぎるキセキ

キミがワタシをぶとき いつも
ここにいてもいいんだと 気付きづけた
おものこしたことは なにもない
さよならのこうがわとき

本当ほんとうのことを うとなみだ
あふれてしまうから いまわらおう
ずっと一緒いっしょにいたい気持きもちは
二人ふたりおんなじだったと しんじているよ

わすれないでね わすれないから
ちいさくうなずいて 最後さいごのキス
すこくるしい だけどしあわ
さよならのこうがわで キミをっているよ
さよならのこうがわで キミを大好だいすきなまま
さよならのこうがわで キミをわすれない