「春紫苑」の歌詞 臼井嗣人

2008/4/23 リリース
作詞
臼井嗣人
作曲
臼井嗣人
文字サイズ
よみがな
hidden
いつもふたりでならんでつくったふとったかげ今日きょうせっぽち
太陽たいようえそうにくすぶってそらあかめた
うなだれながらいしころ蹴飛けとばしてかえ
おもわぬところころがるいびつかたちいしころを 車道しゃどうないように上手うま具合ぐあいれて
すべてがこんなふうに器用きようにこなせればいいのにな

何度なんどもケンカして すれちがってまた出会であって
そのたびあらためてきみきになれるから
今日きょうぼくからあやまろう よるてしまうまえ

しあわせはどこにある?
きみとなりなくなってはじめて あわててさが
本当ほんとうはねかってるんだよ
でも上手うまつたえられないからいつもきみおこ

孤独こどくってはじめてえるものがあって
そんなときくらいしかにもまらない道端みちばた春紫苑はるじおん
なぜか力強ちからづよえたりして

れくさくってえなかった言葉ことばうよ
人混ひとごみが苦手にがてだって面倒めんどうくさがったところにもこう
鈍感どんかんぼく気付きづくずっとずっとまえから

しあわせはここにある
きみとなりわらったりおこったりするこの世界せかい
ぼく一緒いっしょわらったりおこったりする
そんな不細工ぶさいく毎日まいにち

今日きょういびついしころ蹴飛けとばしてかえ
車道しゃどうにしながら どこまでも どこまでも
世界せかいでいちばん大好だいすきで世界せかいでいちばんはらきみよこ