「ボタンひとつ」の歌詞 般若

2009/6/24 リリース
作詞
般若
作曲
般若,Roderick Teerink
文字サイズ
よみがな
hidden
なにえない・・・

朝起あさおきてぐにいた ゆめ途中とちゅう遺書いしょいた
ソレはエグイと一言言ひとこといって 悪魔あくまがオレにわたしたライター
奴隷どれいのフリして毎晩まいばん そのるまで裁判さいばん
どっかでおおかみいた その時間しゅんかんやして退散たいさん
かみなどココにはねえ ゆっくりやさしく死刑しけい
1秒毎いちびょうごと主役しゅやくになれても破棄はきするオレはだれにもねえ
こぶしひかりかくこぶしひかりかく悪夢あくむっててある

ボタンひとつ らくになれる おとまる
なぐられたようにこのめる
タイマーセット 4秒後よんびょうごにはボロボロの拳掲こぶしかかげリセット
ポッケに現実げんじつ ソレがチケット

ガラスで手首てくびった 真赤まっかった
あのコはこう今日きょうのは失敗しっぱい
だけどもソレがきてる実感じっかん
そのわりにはよくれた さかさまにれば何故なぜ
どっちがそらベタ 区別くべつかず ふとくもえた
なかたいか? たされないときにリダイヤル
孤独こどくいたみはオレの理解者りかいしゃ 友達以上ともだちいじょうなにもしないさ
こぶしひかりかくこぶしひかりかく悪夢あくむっててある

ボタンひとつ らくになれる おとまる
なぐられたようにこのめる
タイマーセット 4秒後よんびょうごにはボロボロの拳掲こぶしかかげリセット
ポッケに現実げんじつ ソレがチケット

嗚呼ああ ないしい もっとゆっくりねむりたいのに
安全あんぜん? いぬわしたよ 残念ざんねん
いまある以上いじょうんねえ こころ隙間すきまささげるザーメン
きそうな位叩ぐらいたたけるあめ みてくれ ほねのズイまで
そっちにったらかえってれない ひかってるだけ

ボタンひとつ らくになれる おとまる
なぐられたようにこのめる
タイマーセット 4秒後よんびょうごにはボロボロの拳掲こぶしかかげリセット
ポッケに現実げんじつ ソレがチケット