「それを幸せと呼ぶ」の歌詞 若旦那

2013/9/11 リリース
作詞
若旦那
作曲
若旦那,Yoshiaki Watanuki
文字サイズ
よみがな
hidden
あおそらてると なんてちっぽけだとおも
しろくもてると 自由じゆうあこがれる
時代じだいながれははや
おれまどわす
けっしてけっしてわらぬモノが おれこころにある

おまえがきずついて おれきずつく
おまえのためならくるしんでもいい
そんなやつおれはやっと出会であえた
それをしあわせと
なに言葉ことばにできずただそばにいる
おれはそれだけしかおまえにできない
そんなやつおれはやっと出会であえた
それをしあわせと

たよりないひとね」と彼女かのじょわれたけれど
まよいなくおまえのためなら なかでも
自分じぶんあいしたおんな まもれなくてなにおとこ
まぶたうら おもえがむね自然しぜんとチカラが

おまえがきずついて おれきずつく
おまえのためならくるしんでもいい
そんなやつおれはやっと出会であえた
それをしあわせと
なに言葉ことばにできずただそばにいる
おれはそれだけしかおまえにできない
そんなやつおれはやっと出会であえた
それをしあわせと

歩道橋ほどうきょううえ ちいさなにぎりこぶしを
ぎゅうとにぎってそら見上みあ
さけんだ 「やったー、きみ出会であえた!!」

あいするやつがいて あいしてくれて
あいつより あいしたほうがいい
そんなふうおもえるやつ出会であえた
それをそれを奇跡きせき

気持きもちを言葉ことばにすると つたえられず
つたえられるまで つたつづければいい
そんなおれに ずっとってくれる
それを奇跡きせき
それをしあわせと