「泣いて笑って」の歌詞 茉奈佳奈

2008/1/30 リリース
作詞
荘野ジュリ
作曲
新屋豊
文字サイズ
よみがな
hidden
はなびらふる校舎こうしゃ
見慣みなれた 景色けしきなのに
卒業証書そつぎょうしょうしょ いたむね
すこしずつ せつなさがとも

頑張がんばれ」とあたまなでられ
おくしてくれたまなざし
ぬくもりを背中せなかけて
いま あるすよ

いて いて わらって
ともにごした日々ひびすべて
ありがとう こころから
この出会であいは
偶然ぐうぜんという奇跡きせき
ひとりじゃない いつでも

自転車押じてんしゃおかえみち
かねとおひび
こいをしたり 喧嘩けんかしたり
あの場所ばしょまれたおも

かなしいとき つらいときには
いつもだれかがそばにいて
不安ふあんさえ かしてくれた
ねぇ わすれないよ

サヨナラはわないで
ちからいっぱいるよ
それぞれすす明日あす
まぶしいほど
ヒカリがむように
しあわせがるように

何気なにげないときなか
大切たいせつなものつけた
あふれそうな おもいが
ぼくらをつな

いて いて わらって
見上みあげたそら つづあお
おなかぜかんじて
かさねた日々ひび
つよこころきざんで
ひとりじゃない
ひとりじゃない

つないだ ほどいても
わかりあえるひとがいる
かたった あのゆめ
未来みらいできっとっている

いて いて わらって
ともにごした日々ひびすべて
ありがとう こころから
この出会であいは
偶然ぐうぜんという奇跡きせき
ひとりじゃない いつでも