1. 冷たい口づけ歌詞

「冷たい口づけ」の歌詞 草尾毅

1994/8/24 リリース
作詞
BEN K・C
作曲
小島裕樹
文字サイズ
よみがな
hidden
出会であったころかなしい恋愛カコさえも
よるあいだとかんじた二人ふたり

いつからだろう きみぼくなか
ちがだれかの おも出追でおいかけた

めているのは ほんのすこしの希望ユメ
二人ふたり孤独こどく きりせなくて

やわららかな日差ひざまどおそ朝揺あさゆれている
きみはまだ ほそ寝息ねいき しろ背中せなかせて

いつもわがままはぼくりにえてゆく
でもそれはわりにするよ さよならの言葉ことばはかけずに

季節きせつながきみ友達ともだちから
電話でんわいた チャペルの花嫁はなよめ

わすれた荷物にもつ ほんのすこしの期待ユメ
きみづくことぼくっていた

夕焼ゆうやけにまるまちなが影落かげおちてゆく
肩寄かたよせる 恋人達こいびとたち とおぼくらのようさ

つめたいくちづけさえも なつかしくよみがえ
でもそれはかえれない日々ひび いまはただしあわいのるよ

きみたよりないすべて ぼくあいしたかった
はなれずに きみつめ つよきしめたまま

つめたいくちづけさえも なつかしくよみがえ
でもそれはかえれない日々ひび いまはただしあわいのるよ