1. 夏の陽歌詞

「夏の陽」の歌詞 草尾毅

1994/8/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくじゃないだれかが きみきしめ ここじゃない 何処どこかへ とおってゆく
真昼まひるゆめから さめた午後ごごには いたいほどにまぶしい ただなつ ああ そのびかけ 突然気とつぜんきづく
ああ 返事へんじをくれるひとは もういないと ほほつたうなみだは どうすればまる 物言ものいわぬひまわり かぜれているだけ
大事だいじなにかを おもさせる かわきはてたこころに このなつ
ああ きずつけかせて わかれたから ああ 本当ほんとうもとめていた きみのことを
おろかしくあわれな 孤独こどくという自由じゆうにさよならを するのはいま
ああ きずつけかせて わかれたから ああ 本当ほんとうもとめていた きみのことを
ああ きずつけかせて わかれたから ああ ってた きみなしでは きられない