1. まぼろし歌詞

「まぼろし」の歌詞 荒川ケンタウロス

2015/2/4 リリース
作詞
楠本純一
作曲
楠本純一
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくたちは都会とかいはな
どこまでもあるいてくのだろう
ひとつだけつけたものも
ゆびなかでボロボロになればいいや

れたものがなんだか
ちっぽけでうつえしない
こんなにも無力むりょくなものに
こんなにも夢中むちゅうになるなんてうそだ

ときまるようなものすごいはやさで
まちひとはるうしぎてしまった

よるけたらきみこころ
えることのないそのひかりになりたい
だからこのままぼくのそばにいて
うつくしいままその理想りそうえがいたままあるいてゆけ

ぼくたちは出会であいとわかれをくりかえしここまでたんだろ?
本当ほんとう大切たいせつなものはきみなかかがやきをつづけるのだ

だれにもえないようななやみだってはなしたね
きみいえまでつづみちがとてもきだった

この夕暮ゆうぐれがぼくなかでは
ひかりはなまえ時間じかんでありたい
だからこのままあるぼくたちの
ひとつひとつにざりあえばそれはきっと運命うんめいだろう

まどそとはフルスピード そのはやさにがついて
このながみちうえほこれる自分じぶんっている

どこまでゆくの?まぼろしをているの?
今日きょうというが、まぼろしじゃなければいい