「青春のいじわる」の歌詞 菊池桃子

2014/4/30 リリース
作詞
秋元康
作曲
林哲司
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆる坂道さかみち さびたバスてい
とおまち黄昏たそがれてく
きみぼくから すこはなれてガードレール腰掛こしかけてた
きみおこっているみたい なにはなしてくれないね
青春せいしゅん躊躇ためらいのなかぼくたちはうごけずにいたね
きみからもらったこころなみだおもいよ

きらいになったわけじゃないよと
ほそかたに つぶやいても
ぼくほうからきみへといたかぜいろえられない
ちがだれかをあいしたらいつかわかってくれるだろう
青春せいしゅんという言葉ことばなんてぼくたちに似合にあわないけれど
素直すなおになれない二人ふたりわかさがいたいね

ちがだれかをあいしたらいつかわかってくれるだろう
さよならは ためされたちか
僕達ぼくたち又会またあえるまでうつむくきみだけひとみにとじこめたいから
青春せいしゅんという季節きせつなか 僕達ぼくたちのこされたまど
いっしょにあるいたざしのまぶしさだけだね