1. 泣けるわけがないだろう歌詞

「泣けるわけがないだろう」の歌詞 萩原健一

1996/1/31 リリース
作詞
松井五郎
作曲
春畑道哉
文字サイズ
よみがな
hidden
またねむれないよる
ためいきばかり
むねをしめつけてくる
わすれようとすると
こえるこえ
いつも あたたかすぎる
きずつけあってわった
あのしあわせの名残なご
こころはいつまで
こだわるのか
けるわけない
けるわけがないだろう
たった ひとりの
おんないたいせいで
おもなんか
けやしない
どんなにさむくても
こころさらしたままで
かぜたずむだけ

だれかのために いま
してやれること
たぶん ありゃしないのに
なぜ ひとりでいるよりも
べつみち えらんでる
まだ太陽たいようでも さがすように
けるわけない
けるわけがないだろう
たった ひとつの
ゆめからめなくても
なぐさめなんか
けやしない
ふりむく季節きせつには
なにものこっちゃいない
かぜいてるだけ

けるわけない
けるわけがないだろう
たった ひとつの
ゆめからめなくても
なぐさめなんか けやしない
ふりむく季節きせつには
なにものこっちゃいない
かぜいてるだけ
かぜいてるだけ