「モノクローム」の歌詞 葵&涼平 incl. アヤビエメガマソ

2011/2/16 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
いくつもの季節きせついろどるモノクローム
はなれたときえて いま

いき わすれるくらいに こえ ひびかせたけれど
かぜ まぬ日々ひびあお灯火ともしび ゆらめく

孤独こどくよるには ぬけがら きしめてねむらせてよ
記憶きおくよみがえゆめなか

いくつもの季節きせついろどるモノクローム
まくひらいた いま
時計とけいはりもどして かんだ景色けしきあざやかに

またよぎった不安ふあんは まだ辿たどけないから
あめ いつかには あおそらえるかな?

孤独こどくよるには ぬくもり きしめてねむらせてよ
あなたにいたい ゆめなか

つめたいなみだ えれば かがやくモノクローム
あのころのように いま
だれもがうらや世界せかい せるよ ひかりちていく

もうすぐ ぼくらは 目覚めざめて わかれをむかえるけれど
もうすこし このまま ゆめなか

めぐりゆく時代重じだいかさたされたこの出逢であ
その つかんで いま
だれもがうらや世界せかい えるよ 未来みらいある

いくつもの季節きせついろどるモノクローム
まくひらいた いま
時計とけいはりもどして かんだ景色けしきあざやかに