「想い出になる前に」の歌詞 葵 from 彩冷える

2011/1/19 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
綺麗きれいおもになるまえせたくて言葉探ことばさがした
でもつからないよ あんなにあいしてたのに

もう明日あしたるね 午前4時ごぜんよじ陽射ひざ
隙間すきまからはいえた春風はるかぜ
いま 部屋へやすみでは きみ荷物にもつたちが
おおきなはこなかわかってる

綺麗きれいおもになるまえせたくて言葉探ことばさがした
きみのぬくもり かんじたい もうすこ
ばしたぼくはら最後さいごのkissさえもこばきみ
Ah らしたには ぼくへのあいはなかった

ほらかべにかかった カレンダーのなか
ほそくてしあわせそうな 文字もじあふれる
些細ささいなこともきみしるしてくから
いくつもの記念日きねんびが ふたりってた

「あの約束やくそくをまだおぼえてる?」まっすぐつめたその視線しせん
まもれなかったぼくはまた うつむいた
せつないおもわってく きとめることさえ出来できなくて
ただていくきみ背中せなか見続みつづけるだけ

はなれてゆく足音あしおとは "サヨナラ"つたえるようで
二度にどとはもどれない日々ひびなみだまらない

かさねたぬくもりがえなくて ゆめなかつよきしめた
うす夜明よあけに目覚めざめると ひとりきり
綺麗きれいおもわってく ふりけばいつでもきみがいた
でもつからないよ いまでもあいしてるのに