1. SETSUNA DROP歌詞

「SETSUNA DROP」の歌詞 蒼井翔太

2015/4/22 リリース
作詞
RUCCA
作曲
藤永龍太郎(Elements Garden)
文字サイズ
よみがな
hidden
そらからおものような あまれの1つ1つさえ
りょうつなめられず 無力むりょくさをった
みずあたえすぎてれてく はなのような矛盾抱むじゅんかかえて
きみもこんなふういていたんだろう?

はかなゆめ そびえるかべ とりかごのとびら ざしてゆくよ
このいたみが この刹那せつな明日あしたためならば…

はしるよ かさなみだまるまで
ねえあめよ このままで ぼくいてて
つめたく さる 銀色ぎんいろ雨音あまおと
あおねがい それでも ただはしるよ

わりのない小説しょうせつのような かなしみをつづっていないで
どんなこわれかけたゆめにも 希望きぼうあたえよう
水鏡みずかがみうつ面影おもかげ あの肖像しょうぞう こわしたら
もどらないとき二度にどおびえない

セツナサさえ いとおしいのは その過去かこうそには出来できないから
「それでいいよね?」こたえはただ 1つじゃないから

さけぶよ そら世界せかいれるまで
運命うんめいれて いまここに
1びょうさえしい 瞬間しゅんかん出逢であえたら
すべてがまわりだした たしかにわりだした

この心臓こころ いつのてつのようになって いたみさえ わすれてしまうまえ
きっとかならなみだあめかすゆめ とどけにくよ きみのもと

ときなだめてゆく なみだれるまで
ねえあめよ このままで ぼくいてて
つめたく さる 銀色ぎんいろ雨音あまおと
明日あしたはしれ Ah…

さけぶよ そら世界せかいれるまで
運命うんめいれて いまここに
1びょうさえしい 瞬間しゅんかん出逢であえたら
すべてがわりだした たしかなヒカリをはなって