1. セーラー服と機関銃 「夢の途中」歌詞

「セーラー服と機関銃 「夢の途中」」の歌詞 薬師丸ひろ子

1981/11/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
さよならはわかれの
言葉ことばじゃなくて
ふたたうまでの
とお約束やくそく
ゆめのいた場所ばしょ
未練残みれんのこしても
心寒こころさむいだけさ
このまま何時間なんじかんでも
いていたいけど
ただこのままつめたいほほ
あたためたいけど
都会とかい秒刻びょうきざみの
あわただしさ
こいもコンクリートの
かごなか
きみがめぐり
あいつかれたら
きっともどっておいで
あいしたおとこたちを
おもえて
いつのにか
ぼくのことを
おもすがいい
ただこころ片隅かたすみにでも
ちいさくメモして

スーツケース
いっぱいにつめこんだ
希望きぼうという
おも荷物にもつ
きみ軽々かるがる
きっとちあげて
笑顔えがおせるだろう
あいしたおとこたちを
かがやきにえて
いつのにか
ぼくのことを
おもすがいい
ただこころ片隅かたすみにでも
ちいさくメモして