「夕暮れを止めて」の歌詞 薬師丸ひろ子

2015/3/1 リリース
作詞
風堂美起
作曲
楠瀬誠志郎
文字サイズ
よみがな
hidden
ねぇ夕暮ゆうぐれをめて 西陽にしびのあたるベンチ
いつもはてるだけで とおりすぎてたけど
ふいにやすんだ午後ごごに ふとこしをおろしてる
くしかけたなにかが あるようながして

おもしています いちばんかなしかったこと
友達ともだちえないくらいに がおでいたね

キュンとしてシュンとした おとぎばなしさえ
いそがしいままわすれるなんて かなしすぎるから
臆病おくびょう平凡へいぼんひとにそれぞれの
神様かみさまがいるがする やさしい黄昏たそがれ

さびついたブランコ きそうなシーソーは
大人おとなになれぬ気持きもしずかにゆらしてる
子供こどもこえがして もうあそびはおしまい
明日あす約束やくそくして うちかえってゆく

わすれないでいます いちばんたのしかったこと
にふれるすべてのものが かがやいていたよ

キュンとしてシュンとした おとぎばなしでも
目覚めざめるためにおわりのページ じるがくる
臆病おくびょう平凡へいぼんひとにそれぞれの
しあわせがあるがする きれいな夕焼ゆうや

づきだしてる つばさはもてないこと
わたしそらわたしかぜ こころなか

キュンとしてシュンとした あんなおも
冗談じょうだんにして いつかわらってはながくる
臆病おくびょう平凡へいぼんわたしだけのもの
みつけてくれるひとがいる
どこかとおくに………
いつかとおくで………
いつか二人ふたりで………
きっと