「コバルト・スカイ」の歌詞 藍井エイル

2014/1/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
このひろそらあおまぶしいメモリー
かがやいて ひかりさきへと ボクをらしてた

いつからだろう 言葉見ことばみつからず戸惑とまどいをかかえては
いたみをかくすように わらってみせたり
大人おとなになろうとするたび なぜかあきらめることばかり
上手じょうずえらんでは すりけてた

こころおくから さけごえこえた
わらなくちゃ つかめないから

このひろそらえがあお軌跡きせき
どこまでもんでみせる もうまよわないで
透明とうめいかぜおよ未来みらいのシルエット
いかけたい 加速かそくする日々ひびたかばたいて

だれかがいつかってた「そんな絵空事えそらごとはもういらない」
イメージじゃえがけない 現実いま出会であうたびに
それでも辿たどきたい場所ばしょへ もがいてはれた答えみち
すべてに意味いみがあるんだってったよ

てたい気持きもまよわずいてかけそう
だれでもない自分じぶんのために

そそ太陽たいようねた 灼熱しゃくねつ鼓動こどう
して とおくまで しんじてさきへと
光舞ひかりまかぜおよ明日あすへのストーリー
つながってく たしかな気持きもちを すぐとどけたくて

わたつづいてく コバルトにまるおも
しずまない太陽たいよう ずっと こころうつ
ありのままの衝動しょうどう高鳴たかなりにまかせて
わらない(あのそらと)わってく(この日々ひびを)
こわさないようにきしめて

このひろそらあおあたらしい世界せかい
どこまでもってみたい 自分じぶんしんじて
はじまりのときひび希望きぼうのメロディー
かがやいた あのころ日々ひびここつけたから