「空を歩く」の歌詞 藍井エイル

2013/1/30 リリース
作詞
Eir,安田貴広
作曲
安田貴広
文字サイズ
よみがな
hidden
まよつづけるゆびじゃなんにもつかめなくて くずれた午前ごぜん4
はる彼方かなたひかり うつむいてらしたら 自分じぶんかげにすらわらわれるから

都合つごうわるくなればいつもすぐしていた そんな自分じぶんにはもうさよなら

あなたにはつけられないものがこの世界せかいにはあふれかえっているけど
ひらかないまどこわしてけることはいつだってそのになればできるから

もしまた自分じぶんかげいつかれて おびえるぼくづいてくれたら
そっとそばにて ただそれだけできっとぼく
あのひかりつめていけるはず

たのしいからわらってる かなしいからいてる たりまえのようならしのなか
たのしいりしていてる かなしくてもわらってる
そうやってきているきみ出会であ

昨日きのう今日きょうになっても今日きょう昨日きのうになっても
きっとわらない日々ひびにさよなら

ひとりではきていけないことがいつでもこわくて仕方しかたがなくて
こわれたまどそと景色けしきる たったそれだけのことができなかった

いつしかはるかな時間じかんさき微笑ほほえ笑顔えがおがイメージできたら
ずっとそばにあるかなしみのくずしてもげてきた時間じかんえない

ぼくらにはつけられないものがこの世界せかいにはあふれかえっているけど
ひらかないまどこわしてけることはいつだってそのになればできるのに

ひとりではきていけないことがいつでもこわくて仕方しかたがなくて
こわれたまどそと景色けしきる たったそれだけのことができなかった

もしまた自分じぶんかげいつかれて おびえるきみづけたときには
そっとそばる ただそれだけできっとぼくら あのひかりつめていけるはず