「おいしいパン食べたい」の歌詞 藍坊主

2010/2/17 リリース
作詞
佐々木健太
作曲
佐々木健太
文字サイズ
よみがな
hidden
あめったら、コーヒーをもう、
仄青ほのあお鼻先はなさきらして。
かぜいたら、こんがりしてて、
網戸越あみどごしのパンながめる。

しかし、まいっちゃったな、
さっきからなにかがへんで。
こんなにおだやかなあさなのに。

でもなみだがこぼれたその瞬間しゅんかん
やっぱりむねくるしくなって、
さびしさだけがぼくえてゆく。
本当ほんとう全部ぜんぶわかっているくせに、
つめたらえなくなっちゃうから、
ぼく元気げんきなんです、
あなたはもういないけれど。

つめあったら、ぽっかりしたへ、
もぐってける、窒息ちっそくするくらい。
だからまえいてあるこう、
バターのようなうそってでも。

しかしね、毎日まいにち太陽たいようのように無邪気むじゃきで、
づいたら、
すっかりかされてたりしてね。

そしてなみだがこぼれたその瞬間しゅんかん
やっぱりむねするどくなって、
やぶってゆくよ、かくしたものを全部ぜんぶ
でもなみだがこぼれたそのあとには、
やっぱりむね元気げんきになって、
いろんな物事ものごとあたらしくなってく。
だから余計よけいかなしくなるんです、
このなみだかかえたいとしさも、
あなたの感触かんしょくや、空気感くうきかんも、
きっといつかはうすれてしまうのでしょう?
こんなくるしいのに。
なぜ、なぜ、なぜ、なぜ。

わすれたくないから、
まだつめたくない。
おいしいパンべたい、
まえもどりたい。