1. オレンジテトラポット歌詞

「オレンジテトラポット」の歌詞 藍坊主

2010/2/17 リリース
作詞
佐々木健太
作曲
藤森真一
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくらはどこにいるんだろう、
あなたはどこにいるんだろう、
あなたをあなたにしてるもの、
それは一体いったいなんだろう。

チョコレートをてる両目りょうめや、
ぬくもりをつたえる両手りょうてや、
潮風しおかぜかんじる鼻先はなさき
ひかりけるかみ

きれいにみがかれた爪先つまさき
いとしさに波打なみう心臓しんぞう
不思議ふしぎかんがえているのう
そのすべてをつく細胞さいぼう

それは一瞬いっしゅんこわれては、
えてすぐにわってく、
きみがただの物質ぶっしつならば、
とっくにきみはここにはいない。

その笑顔えがお
そのなみだ
どこからくるのだろう?

いつだって何度なんど何度なんどたしかめたいよ、
形無かたちなきあなたの存在そんざいを。
橙色だいだいいろまってゆくウロコぐもふるえてる、
宝石ほうせきのようなこころを。
いつだって何度なんど何度なんどたしかめあおう、
ぼくらがきてる奇跡きせきを。
あなたの姿すがたえたとこに、
あなたがいるということを。

宇宙うちゅう広大無辺こうだいむへんです。
さっぱりとよくわかりません。
それとおんなじくらいに、
こころはじもよくわからない。

くらなようでかがやいて、
れてるようではなれている。
だからぼくらは細胞さいぼうえ、
えるのかもしれません。

あの橙橙色だいだいだいだいいろそら橙橙色だいだいだいだいいろ
わすれないで。
あの橙橙色だいだいだいだいいろうみのダイダイダイダイいろ
わすれないよ。

いつだって何度なんど何度なんどたしかめたいよ、
れてく感触かんしょくを。
橙色だいだいいろまってゆくウロコぐもふるえてる、
宝石ほうせきのようなこころを。
いつだって何度なんど何度なんどたしかめあおう、
えなくなってしまうまえに。
せてはかえなみいろぼくらは、
かたちだけをてるわけじゃないだろ。

いつだって何度なんど何度なんどたしかめおう、
ただぬくもりを。
橙色だいだいいろまってゆく、からだつたにじんでゆく、
えそうになる感触かんしょくを。
そうやって何度なんど何度なんどたしかめたいよ、
ぼくらがきていたことを。
橙色だいだいいろまぶしいね、
それはなぜ?
ぼくらがきているからさ。

いて、わらって、あいして、
いて、きて、あなたを。

いて、わらって、あいして、
いて、えて、細胞さいぼうを。