1. サンダー歌詞

「サンダー」の歌詞 藍坊主

2013/5/15 リリース
作詞
佐々木健太
作曲
佐々木健太
文字サイズ
よみがな
hidden
雨意裸裸歩和裸THUNDER 裸列怖畏
ウィーララファーラサンダラレフィー
(雨の予感の中 裸の人々が歩く 雷に怯える裸の列)

布衣等月参水苦不荒堕反陽怖輪裸辺居
フィイラガッサンスィークファダポンピパラベイ
(服を着た人々は月を詣でる 水難にあっても混乱のないように日は崇めない 裸の人々は輪になって怯えている)

杯等布衣呑僧等貞無食裸裸飢意中
ハイラフィーノソーラテーナクララウィナカー
(さかずきのようなものを 服を着た人々は飲んでいる 僧たちも節操なく食べている 裸の人々はおなかが減っている)

荒狂若列牙裸列気荒魚生血生吸
アレクルモレゲララレゲアウォーウッチュウス
(いらだった裸の若者は歯をむき出し 魚の生き血を吸う)

馬医馬医気皮雨出威言言言裸裸等
バイバイゲッピウディユーユーユーラララ
(とある獣医が いよいよ雨の気配を感じ 仰々しく言う 裸のものどもよ)

裸裸等 裸裸等 裸裸等 裸裸等
ラララ ラララ ラララ ラララ
(裸のものどもよ 裸よ 裸 裸のものどもよ)

くもそらかぜ未来みらいれるあらしのただなか
くもそらかぜ未来みらい、あなたはるだろう

蓮掛羅布衣流論怪怖荒裸植威
レンカラフィールロンケファラウェイ
(蓮の模様の袈裟を着た僧が いらだった裸の人に恐ろしい話を聞かせ 静かにさせた)

怖畏流生音星暗卵気駆裸洗心産歩愛
フィールウヲンセイクランキカラセンシンサンフォー
(その恐ろしさは 暗闇の原始から星の生まれる音を聞いたかのごとく 裸の人の心を洗い流し 愛を目指す心を彼の中に産んだ)

苦暗夜神化風追羽得奇異卵帰有裸枸櫞麩遭
クアンヤシンカフォーウェキイランキアラクエンファー
(暗い闇夜は神のように思え 風を追える羽を得たような心地は 卵の中に戻ったような クエン酸とお麩を混ぜたような奇妙さだ)

存春生詩 空見流THUNDER 風生剛悠久延尾論令身衣 「怖落」
ソンシュンウーシ ソラミルサンダーフォーゴウユウキュウノオロンレイミーフォー
(春が在ることで詩が生まれ 空を見れば 雷がまさに落ちようとしている 力強いこの悠久さに服を着た人々は 「落ちるぞ!」と)

言言言裸裸等
ユーユーユー ラララー
(言った 裸のものどもよ)

裸裸等 裸裸等 裸裸等 裸裸等
ラララ ラララ ラララ ラララ
(裸のものどもよ 裸よ 裸 裸のものどもよ)

くもそらかぜ未来みらいかがやきのなかなにたか
くもそらかぜ未来みらい我々われわれすえ

ラララ、、、ラララ、、、

くもそらかぜ未来みらいやわらからかい春雨はるさめけむよる
くもそらかぜ未来みらいまちちるひかり

くもそらかぜ未来みらいれるあらしのただなか
くもそらかぜ未来みらい記憶きおくまちったんだ。