「ジムノペディック」の歌詞 藍坊主

2006/4/26 リリース
作詞
佐々木健太
作曲
佐々木健太
文字サイズ
よみがな
hidden
だからぼくきみいたいのは
かんをつぶすように
びたつめをパチパチるように
しゃべらないでくれってこと

コーヒーの湯気ゆげしあわせそうに
くるくるおどってるし
サティのピアノきょくしずかに
やさしくひびいてるんだ

アルミホイールをんだあじがしそうな火曜日かようび
ジムノペディはゆっくりみずをかけてく

この世界せかいがふやけてしまうそのまえ
わらってくれよ
そしたらぼくほねがバラバラになるくらい
かぜかれて
もう一度君いちどきみいにくるから

さかなそらばたいてたら
随分ずいぶんましなんだけどな
なんかふふっとわらってから全部ぜんぶ
ゆるせてしまいそうだろ

あいにくそら綺麗きれいくもひとつないあお
魚達さかなたちからびて見当みあたらない

この世界せかいがひびれてしまわないように
わらってくれよ
そしたらぼくあしはずれてしまうくらい
ゆきられて
もう一度君いちどきみいにくるから

水曜日すいようびあさきみはピカデリーをいていた
やわらかな陽射ひざしがそっとかたちる

まどこうにひとすじのくもびている
そのさき
ぼくおもわずきみ大声おおごえんでいた
そのかがやきを
じっと、じっと、えるまでながめていた