「スプーン」の歌詞 藍坊主

2006/4/26 リリース
作詞
藤森真一
作曲
藤森真一
文字サイズ
よみがな
hidden
なにげない ぬくもり
かんじるよ ぬくもり

リズミカルな包丁聞ほうちょうきいて たたいた食器しょっきドラム
いっしょにうたふとこえしずかに!」とたかこえ
湯気ゆげのむこうに いつでもある笑顔えがお
「ありがとう」の一言ひとことわすれてたがするよ

あたりまえで あたりまえで
大切たいせつさに気付きづいてなかった
あたたかくて 安心あんしんするよ
カレーライスのようだな

みちはずしそうになったとき わらってせてくれた
なみだんで わらってせてくれた
どんなときでも つつまれていたんだ
どんなにくるしくても なみだかくすやさしさに

あたりまえで あたりまえで
大切たいせつさに気付きづいてなかった
あたたかくて いとしくなるよ
カレーライスのようだな

「ただいま」とスプーンにはなしても
つかれた自分じぶんうつるだけ
「おかえり」がっている台所だいどころ
こんな こんなにしあわせだったなんて

あたりまえの あたりまえの
大切たいせつさに気付きづいてなかった
身近みぢかなことを
よろこびにしたい カレーライスのように

ずっと ずっと 大事だいじにするよ
「あたりまえ」 という 「しあわせ」