「トランスルーセント」の歌詞 藍坊主

2013/11/6 リリース
作詞
佐々木健太
作曲
佐々木健太
文字サイズ
よみがな
hidden
まるで群青ぐんじょう天体てんたいからそそいだようなむしこえいた。
のせいなのか、すぐにそれは奇妙きみょうがった調子ちょうしで、地下鉄ちかてつえた。

きしむレールと、故郷こきょう風景ふうけいが、じりった、半透明はんとうめい視界しかい

シャランフェー シャランフェー シャランフェー
タラントロン タラントロン ファランソロン ファランフォロン シャララン、、、、。
まって、かわいて、およいで、らいでる、えてく、こころを、わたしを、明日あすとどめるアナザーワールド。

独特どくとくのリズムで、ゆっくりとはやく、確実かくじつに、すべてが進化しんかする。
からだなが節足動物せっそくどうぶつが、キシキシとつちみながらすすんでゆくように。

都会とかい異臭いしゅうも、いまではれた、ける、地下鉄ちかてつかぜも。

まって、およいで、まって、らいでる、えてく、こころを、景色けしきを、明日あすへ。
つないで、つないで、つないで、からめる、からまる、こころを、わたしを、世界せかいとどめるアナザーワールド。