「ハローグッバイ」の歌詞 藍坊主

2006/10/18 リリース
作詞
佐々木健太
作曲
藤森真一
文字サイズ
よみがな
hidden
ヨーグルトのカップにあかとんぼがまってる、
カラカラかわいた、夕日ゆうひにおい。
木枯こがらしは木枯こがらしで、アリはアリで、ネコはネコ、
けどぼくは、いまだに、ぼくになれない。

劣等感れっとうかんかたまりがずっと、いきをしてもパンをべても、
めないところにまってんだ、バケツ3杯分さんばいぶんじゃりないくらい

あなたがきているこの世界せかいぼくはなんどでも感謝かんしゃするんだ。
んだなみだくさってしまうまえに、ハローハローグッバイ

「ドーナツのあなぼこは、存在そんざい空白くうはくか?」と、だれかがってた。うつくしい言葉ことば
ぼくのかかえるあなが、意味いみのある存在そんざいだったら、どんなにいいだろう。すくわれるよ。

しあわせの具絞ぐしぼったらチョコレートいろすこしでた、くだらねえとくちしたら、
えてしまいそうなひかりだった。

あなたがきているこの世界せかいぼくはなんどでも感謝かんしゃするんだ。
んだなみだくさってしまうまえに、ハローハローグッバイ

サンダルはいらない、葉踏ばふんで、ながかげいて、はしせ。

げた坂道さかみちほねけそうなあめほしよる隙間埋すきまうめた。
たおれるまではしれ、くたばるまではしれ、ずっと、ずっと、ずっと。