「マッチ」の歌詞 藍坊主

2013/11/6 リリース
作詞
藤森真一
作曲
藤森真一
文字サイズ
よみがな
hidden
マッチばこからして ともした きみとのゆめ欠片かけら大都会だいとかいのビルかぜえそうなひかり

繁華街はんかがい雑踏ざっとう せいなるよるあめ ながめるだけのショーウインドーに 未来みらいうつしていた

寝顔ねがおつぶやく「あいしてる」で つよくなれるがしてた
ずっとこのまま ずっと二人ふたりわらいあえるがしてた

マッチばこからして ともした きみとのゆめ欠片かけら大都会だいとかいのビルかぜえそうなひかり
もうらせない いつかせるとちかった 景色けしきはもうらせない そしてそれをとき笑顔えがおらせない

明日夢あしたゆめかなうと ぼくうそをついた せめて最後さいご笑顔えがおせて 今夜消こんやきえてしまおう

そのとき 突然君とつぜんきみいた そして必死ひっしにこううったえた
「あなたのなかわたしはいるの あなたにとってわたしはなんなの」

マッチばこからして ともした きみとのゆめ欠片かけら大都会だいとかいのビルかぜえそうなひかり
背中丸せなかまるまもってたひかり ひとりじゃまもれないひかり きみうことでしか まもれないひかり

なみだ鼻水はなみずでぐちゃぐちゃになり ぼくこえしぼした
はじめてつたえた「あいしてる」は そんなダサいものだった

マッチばこからして ともした きみとのゆめ欠片かけら大都会だいとかいすみっこで 煌々こうこうひかった
ちいさいけれど たしかなほのおぬくもりかんじあったら あめはいつのにか 粉雪こなゆきわってた