「ロボハートストーリー」の歌詞 藍坊主

2005/5/18 リリース
作詞
藤森真一
作曲
藤森真一
文字サイズ
よみがな
hidden
ロボハートストーリーはだれにぎってんだ
だまいのようえる社会しゃかい
だれかを信頼しんらいしておもどおりいかなくて
だれのせいになんの?
こんなんかんがえているぼくはロボットのよう

ここでわらうとどうなる? 想像そうぞうして
そしてたまにおこるふりした
これは本心ほんしん? それとも演技えんぎなのか?
にわからなくなるよ

損得勘定胸そんとくかんじょうむねにかかえ いつのにか支配しはいされた
そっとそっとふるえていた
感情かんじょうひとつながりたいよ

ロボハートストーリーにピリオドちたいんだ
自分じぶんことだけやゆめだけかんが
ひとって 気持きも裏切うらぎって
仲間なかまがいるのに孤独感こどくかんじる
こんな自分じぶん大嫌だいきらいで

よわいところ 本心見ほんしんみせるのは
そんすることだとおもってた
だけどなぜか ひとよわると 安心あんしんするんだ そうだこれだ!

ロボハートストーリーはぼくにぎってんだ
ひときになりたいからよわせよう
きらわれるかも でもいまよりいいだろう
そうやってひと関係かんけいそれこそが「信頼しんらい」とべるんだろうから

ロボットハートストーリー
ロボットハートストーリー んで