「低迷宮の月」の歌詞 藍坊主

2010/2/17 リリース
作詞
藤森真一
作曲
藤森真一
文字サイズ
よみがな
hidden
低迷宮ていめいきゅうつきれる、びた水面すいめんかんでる
なみつたび、えそうだよ、どうせ、わたし偽者にせもの

ぎんばりらしてほしい、そしてそらへ、れてってほしい

低迷宮ていめいきゅうつきる、夜空よぞらひかつき
何万なんまんキロすすんだのなら、本物ほんものになれるのだろうと

低迷宮ていめいきゅうつきは、ぼくには無理むりだよと、海鳥うみどり道筋みちすじを、やさしくらしました。

とおぎるさかなむれ、そのたびおどろきゆらゆらり
これをちいささとするか、するど感受性かんじゅせいとするか

あきらめにた、はじまりだよ、いまれ、明日あすまれる

低迷宮ていめいきゅうつきる、はじめて自分じぶん姿すがた
そしたら気付きづきました、自分じぶんだって本物ほんものなことに

低迷宮ていめいきゅうつきは、たくさんの海鳥うみどりが、ハネをやすめる場所ばしょに、なってわらいました。