「名前の無い色」の歌詞 藍坊主

2009/5/20 リリース
作詞
藤森真一
作曲
藤森真一
文字サイズ
よみがな
hidden
ける映画えいがたいとき
本当ほんとうわらいたいことに気付きづ
わら番組ばんぐみたいとき
本当ほんとうきたいことに気付きづ

ためんでいたおもいは
むねのどったりたりして
あるときなみだわって
ぼくほほをゆっくりつたった

そんなとき、ふとおも
自分じぶん』というえがいてみようと
感情かんじょう種類しゅるいかぞえたら
100色入ひゃくしょくいりでもりないだろう

名前なまえいてないいろ
なかつぶしてみた
名前なまえがついてそのいろんでしまうそのまえ

だれあいしてくれないかも」と
「ありのままをれたい」の
あいだ気付きづく、どっちにしろ
かなしみのかずわらないこと

たった一枚いちまいのキャンバスにこぼれたなみだ
はなかたちになるかもしれない

間違まちがえをさがしながら
必死ひっしにそれをなおそうとする
正解せいかいえてないのに、間違まちがえがかるのはなぜ

自分じぶん』というおおきな
消去法しょうきょほうなんかじゃえがけない
わらわれてもゆずれない
しんじるちからひとつだけ

もっと自分じぶんのためになみだ
ながしていいんだとぼくおも
名前なまえいろのために
ながしていいんだとぼくおも

たった一枚いちまいのキャンバスにこぼれたなみだ
はなかたちになるかもしれない