1. 天国からの手紙歌詞

「天国からの手紙」の歌詞 藍坊主

2012/4/18 リリース
作詞
藤森真一
作曲
藤森真一
文字サイズ
よみがな
hidden
なにもかもわすれてしまわないで。あのまれたものは、かなしみだけじゃない。
玄関げんかんなが期待きたいしてるのは 天国てんごくからの「ただいま」かい。
「もうえない。。」と。何回なんかい何回なんかいむねのポンプつづ
こころ井戸いどからげてしい。わらいあった日々ひびと、本当ほんとうのあなたを。
天国てんごくのぼる「さよなら」で 産声上うぶごえあげるものがある
脈打みゃくう鼓動果こどうはてるまで こころ鼓動こどうふるわせる理由りゆう
せいはざま境界線きょうかいせんにじんでえるのはなみだのせいじゃない
そっと地上ちじょうってるんだ あなたが大好だいすきだったと。

幾万年いくまんねんつづく、生命せいめいながれ。そのなかさがした、きてる意味いみ
いくらさがしてもなかったわけだ。ながれそのものなんだから。
きる意味いみが『あのひと』だったからと、世界せかい灰色はいいろないで。
大切たいせつひときていた意味いみを、『あなた以上いじょう』にするのは、あなたしかいない。
天国てんごくのぼる「さよなら」で 産声上うぶごえあげるものがある
脈打みゃくう鼓動果こどうはてるまで こころ鼓動こどうひびかせる決意けつい
せいはざま境界線きょうかいせんびてみえるのはのせいじゃない
だれかにとって自分じぶんもそうなりたいとねが一筋ひとすじひかり

すべてのいのちが すべてのいのち希望きぼういのち連鎖れんさ
大切たいせつひとがあなたにねがってたことは まだいきをしてる
歴史れきしのこすものがかなしみだけなら なにらない子供こどもさえ つみ背負せおってしまう
あいしたばつや、あいされたばつ。それがいまだとおもっちゃいけない。
天国てんごくのぼる「さよなら」で 産声上うぶごえあげるものがある
どんなにうしなったものがおおきかろうと、あなたはしあわせになるべきひとだということ。