「宇宙が広がるスピードで」の歌詞 藍坊主

2013/11/6 リリース
作詞
藤森真一
作曲
藤森真一
文字サイズ
よみがな
hidden
一斉いっせいの「せ」でした 同志どうし闘志燃とうしもやして おのれみちひらいていけ
ちかった絶対ぜったい信念しんねん 自分じぶんすくえるのは 自分じぶんしかいないよな

井戸いどでもおうになれなかったかえる 大海たいかいにでてどうなるとおも
物狂ものぐるいでおよぐのだろう その姿すがたはさ だれより自由じゆうだろう

流星りゅうせいえるスピードで ちいさくなる背中せなか
宇宙うちゅうひろがるスピードで けねぇとさけんだ

一斉いっせいの「せ」でした 同志どうし闘志燃とうしもやして おのれみちひらいていけ
かなえるためだけのゆめならいらない 自分じぶんほこためにあれ

すごいやつ自信じしんくずれた 努力どりょくしたって てないやつがいる
だけどやめねーよ!やめられるかよ!!おまえ自分じぶんには 格好良かっこうよくありたい

つぎ一歩いっぽ意味いみはいらねー 二歩目にほめさらひろ
スピードにった三歩目さんぽめで その意味いみいだいた

青春せいしゅんの「せ」でした、どうしようもない興奮感こうふんかん いばらみちのぞむところだ
わっちまった」はわない 過去かことの辻褄つじつますすんでわせりゃいい

宇宙うちゅうひろがるスピードで けねぇとさけんだ

一斉いっせいの「せ」でした 同志どうし闘志燃とうしもやして おのれみちひらいていけ
いつかまたえるだろう わらってまたえるだろう ビールでもみながら

みじかいさよならだ