1. 春風歌詞

「春風」の歌詞 藍坊主

2006/3/15 リリース
作詞
藤森真一
作曲
藤森真一
文字サイズ
よみがな
hidden
春風吹はるかぜふいたら それがスタートのふえおと
かすかにかんじる あたたかさにいた

いまなにもやってない だけれども本当ほんとうちが
やれば東大とうだいだって入学はいれるときみ
きみなにもできない その台詞聞せりふきけばわかるさ
「できること」より
「やること」はずっとむずかしいから

まわりはらないやつばかりだからあしがすくんで
成功せいこうよりも失敗しっぱいあたまからはなれない

春風吹はるかぜふいたら それがスタートのふえおと
両目りょうめをこらして 慎重しんちょうになるのはいまじゃない
あたらしい土地とちあたらしいひとなかにこそ
チャンスがってる かしてくれるのを

一生懸命いっしょうけんめいやったのに 誰一人認だれひとりみとめてくれない
それでもぼくぼくきだとハッキリえる
だったらそれで十分じゅうぶんだろう
いやちが最高さいこうなんだよ
自分じぶんみとめる努力どりょくだけは裏切うらぎらないから

才能さいのう」なんていぬ言葉ことば
だからいらない
後悔こうかいをあやふやにするみちはいらない

春風吹はるかぜふいたら ひまなんかんでしまう
自宅じたくでピコピコ
レベルげしているときじゃない
一生いっしょうという名前なまえRPGアールピージー のほうがいい
リセットのきかない いまがあるからこそ

春風吹はるかぜふいたら それがスタートのふえおと
両目りょうめをこらして 慎重しんちょうになるのはいまじゃない
あたらしい土地とちあたらしいひとなかにこそ
チャンスがってる かしてくれるのを