「桜の足あと」の歌詞 藍坊主

2006/3/15 リリース
作詞
佐々木健太
作曲
藤森真一
文字サイズ
よみがな
hidden
たんたん、と、きざんだ、あなたへのおも
わたしは、毛糸けいとだけを、つむいだわけじゃない
とんとん、と、たたいた、背骨せぼね裏側うらがわ
よるに、あさがくれば、わらえるのかしら

のんのん、と、ひびく、ストーブの、あお
しんしん、と、もる、けないわたしを、らしつづけてた

さくらってながれてゆく
ほどいたいと
かぜむすんでばした
わたしは、べないから

カンカン、と、シンクに、ころがるビーだま
くるくる、と、まわりながら、ながしにちてく
きっとあなたは、わらっているでしょう
意味いみもなく、無邪気むじゃきかおかがやかせながら

ぽんぽん、と、かぶ、あなたと、子羊こひつじ
そっと、つぶれば、みみのこってる、子守歌こもりうたおと

さくらってながれてゆく
ほどいたいと
かぜむすんでばした
わたしは、ベないから

だんだん、ひかりが、まれてゆくそら
もうすこし、よるつめを、けていたいけど、
きゅんきゅん、わたしは、ねじってゆく
さよなら、もうわたしは、あるいてゆけそう

さくらってきらめくそら
ほどいたいと
かぜむすんでばした
あなたをおもいながら、