「水牛の祭り」の歌詞 藍坊主

2013/11/6 リリース
作詞
佐々木健太
作曲
佐々木健太
文字サイズ
よみがな
hidden
しずかないけ ひくいトンボ れるまえかぜすべ
ざわめくみず 飛沫しぶきかう今夜こんや ささにお

夏祭なつまつりの あかそらは ぬれたかみ砂利じゃりらす

あの風船ふうせんはあのこころ
やまになったハッカはぼくらのこころ
いきはずませ石段いしだんのぼ
こけむしたひかり場所ばしょ

そうさ、未来みらいそらへと沿うように
何千年なんぜんねんよるある
あのすこえた入道雲にゅうどうぐも
こころおくかぜとど

あせをかいてる タライにうつつき
ラムネとれてる フワワ

神輿みこしをこえ やぐら見上みあ人々ひとびといのりをおよ

天照あまてらせ かぜなか 睡蓮すいれんわら
天照あまてらせ ほしたちよ きみよゆけ かれのように
そら ひろひろひろ場所ばしょで すべてをつなわくいと
れをみせ まわれるまで おどろう かみ

ゆめ夏間なつま

また、未来みらいそらへと沿うように
何千年なんぜんねんよるある
あのつめたくなった入道雲にゅうどうぐも
なつわりへとるように

あせかわいた 浴衣ゆかたみるつき
まちへとかたむく フワワ